適材適所 | 精力剤とバイアグラやシアリスなどのED治療薬

適材適所

バイアグラ、レビトラ、シアリスなどED治療薬は、EDの原因物質の働きを阻害し、男性器の勃起を促します。
その際、全身の血管を拡張させ、血液量を増やすことで、普段よりも力強い勃起が可能になります。男性器の勃起状態というのは、男性器に流れ込む血液の量に比例するため、血管の拡張は力強い勃起のために有利な働きを見せるのです。

しかし、勃起状態が力強くなることと、精力が増強することはまるで違います。一見したところ、力強い勃起が見られれば、精力が増強したと思ってしまうかも知れませんが、精力と勃起力はまったく異なる分野です。

精力というのはいわば、性行為や生殖行為など、「性」にまつわる事柄に対してどれだけ働きかけることができるのかという、エネルギーのようなものです。
精力が強い男性ほど、性行為に対して積極的であり、生殖能力も高いと言えるでしょう。精巣の精製能力にも関わってくるため、子孫を反映させるためには有効な能力であると言えます。

しかし、性行為に対して積極的であることと、男性器の性機能の頑強さとは異なっています。精力剤は前者を促し、ED治療薬は後者を改善するものです。
EDによって性機能に問題を抱えた男性が精力剤を服用しても、性機能の回復は見込めません。逆に精力に不足を感じる更年期の男性がED治療薬を服用しても、精力の回復は望めないのです。
適材適所を考えて服用しなければなりません。

このエントリーをはてなブックマークに追加