多くの薬

副作用の危険

The disappointment of his wife

医薬品であるED治療薬には、必然的な副作用があります。およそすべての薬で、副作用がまったくないものはありません。多かれ少なかれ、副作用というものは必ず起こります。

バイアグラやレビトラ、シアリスにおける副作用とは、一貫して「全身の火照り」や「めまい」「吐き気」などです。これは全身の血管が拡張され、血液量が増加するためです。ED治療薬として本来期待されている効果を発揮するために必要不可欠なものであるため、この副作用を減じることはできません。個人の体質によって副作用の現れ方、程度は異なりますが、少なからず誰しもがこのような副作用を受けることになるでしょう。
正しい用途、用方で服用している限り、副作用が甚大な被害をもたらすことはほぼありません。そうした重大なリスクは限りなくコントロールされており、大きな被害に結びつくことは極めて稀と言えます。

一方で、精力剤の場合は、基本的にほとんど副作用と言えるものはありません。有効成分を配合しているだけの、いわば健康食品的な精力剤であれば、用量さえ守れば安全に利用することができます。
しかし、市販品ではなく、通信販売や正規ルート以外で販売されている精力剤の中には、基準を大きく上回る配合量のものもあり、そういったものは服用基準量を逸脱する服用になってしまうため、危険があります。
必ず正しく開発され、正しく販売された精力剤を購入するようにしましょう。

擬似的な利用

Pink pills and orange pills

精力剤として有名なのは、うなぎやすっぽん、にんにくなどでしょう。マムシやマカなどもよく見られます。
いずれも、血行の促進や滋養強壮などによく、身体を力強く動かすために必要な栄養成分を充分以上に備えているものです。

この中で、血行促進という言葉に注目してください。
血行の促進は、バイアグラやレビトラ、シアリスなどのED治療薬にも見られるものであり、精力剤とED治療薬で共通する効果です。
血行が促進されることによって男性器が硬く、力強く勃起し、性行為においても男性の役割が充分に果たされるようになります。

ED治療薬を服用することによって、勃起不全の症状を改善することができます。そして、その過程において、男性器は力強く勃起するように促されます。
その点に注目してみると、精力剤とED治療薬には共通している部分があることがわかると思います。ED治療薬と精力剤は同一のものではありませんが、類似した効果をもたらすことは事実なのです。

ED治療のためではなく、性行為の際に、自分の男性器をより力強く勃起させるためにバイアグラなど、ED治療薬を服用するという人もおり、これは正しい用方ではありませんが、男性機能の増強効果の期待は叶えられています。
自分の男性器の機能が増強していることに影響されて、精力が増すということもありえないことではありません。精力というのは性欲と強く結びついているため、男性機能の向上が性欲を煽り、結果的に精力を増強させることも考えられます。
こうして、ED治療薬を擬似的な精力剤として利用することは、不可能ではありません。

カレンダー

誤解

Broken family

BAIAGURAに興味があるならこのサイトをチェックしましょう!悩みを抱えた男性にピッタリですよ!

多くの方が誤解していますが、バイアグラは精力剤ではありません。
バイアグラはED治療薬です。ED、つまり勃起障害を治療するためのれっきとした医薬品なのです。
一般的に言われている精力剤は医薬品ではなく、そのため市販の薬局などでも購入することができますね。この点だけでも、精力剤とED治療薬との違いは明白でしょう。

ED治療薬には他にも、レビトラやシアリスといったものがありますが、いずれも精力剤としての効能はありません。
精力剤の効能として期待されているものは、文字通り精力の増強効果であると思われますが、バイアグラにもレビトラにもシアリスにも、精力そのものを増強させる効果はないのです。

では、なぜバイアグラ=精力剤というイメージがついてしまったのか。
それは、バイアグラなどのED治療薬に、男性器の勃起状態を力強く変化させる効能があるためだと考えられます。
つまり、その効能を勘違いして、「勃起状態が力強くなった」ではなく、「精力が増強した」と考えたことによって、バイアグラ=精力剤というイメージが定着してしまったのではないか、ということです。

実際には、精力剤としての効果を期待してED治療薬を服用することはできませんし、推奨されていません。
医薬品は本来の用途に応じて服用しなければ、身体に返ってくる副作用のために却って危険な代物だからです。

バイアグラやレビトラ、シアリスはあくまでED治療薬であって精力剤ではなく、精力増強のために服用するというのでは本来の用途と異なってしまっています。
正しい用方、用量を理解し、正しく服用してでなければ、精力剤としてはもちろんのこと、ED治療薬としての効果も発揮することはできないでしょう。

精力の減衰

The disappointment of man

精力は年々減衰していきます。思春期の頃がもっとも高く、年齢を重ねることによって徐々に減ってしまうのです。
そして、精力の減衰と、性機能の低下は無関係ではありません。精力が弱まることによってEDになってしまう場合も考えられるのです。

EDの原因には二種類あり、肉体的な損傷や欠陥、あるいは疲労などが災いしてEDになる器質性EDと、精神的な問題が原因として心因性のEDです。
心因性には、例えば性行為に関するトラウマがあるなど、肉体的な原因ではないものが関わってきます。どういった精神的な要因が心因性EDの引き金になるのかは個人個人で異なります。
その中に、精力の減衰というものもあり、精力が損なわれてしまうことで心因性のEDになってしまう人もいるのです。

精力が減衰し、性行為に対して積極的になれなくなると、性機能そのものが低下してしまうのです。
精力が低下することによって性行為に対する興味や関心、積極性が失われてしまうことで、男性器の機能そのものが弱くなってしまう。上手く勃起することができなくなることもあります。

この場合、精力剤を服用することで精力を取り戻すか、ED症状が深刻化しているのであればED治療薬を服用してEDを医薬的に治療する必要があります。
心因性EDは何を原因とするかわからないため、身体はもちろん精神面でも無理をすることなく、焦ったり不安になることなく、鷹揚に構えておくことが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加